マンゴーフロマージュの開発秘話

投稿日: カテゴリー: お店の裏側商品について
Pocket
LINEで送る

マンゴースイーツ専門店おきぽたショップ編集部(@okipotashop)です。

当店の売上No.1商品のマンゴーフロマージュ。
私たちが名護市でマンゴーを使ったスイーツの製造を始めた2013年当初からいち早く開発され、年々改良を加えられて今の形になりました。

おきぽたのネット通販は2008年にスタートしました。当時は沖縄のフルーツを沖縄本島北部エリアのたくさんの農家さんから買い付けネットで販売するという、非常にシンプルな商売からスタートでした。マンゴーを販売しているからマンゴースイーツを製造、という今ではごく自然に多くの企業がやっている手法ですが、その当時はまだまだ珍しいケースでした。お菓子製造のノウハウを社長自らがゼロから独学で学び始めました。
お菓子作りにとってミキサーとオーブンは必需品ですが、工場作りもゼロからのスタート。最初の厨房の火力は、ガスコンロさえもなく、卓上のカセットコンロのみでした。「工場」と呼べるだけの業務用設備を購入するほどの資金もありませんでした。そこで、オーブンを使わなくても作れるお菓子として生まれたのが「プリン・ス・マンゴー」と今回ご紹介する「マンゴーフロマージュ」でした。

そもそも、おきぽたのマンゴーフロマージュとは、マンゴーレアチーズの中に、マンゴーピューレを丸ごと練り込んだチーズの癖を極限まで減らし、マンゴーの風味を前面に出したチーズケーキです。

チーズの部分の隠し味はヨーグルトと塩。
誰もこの材料が入っていることには気付きません。全体量に対して占める比重は少ないのですが、入れるのと入れないのとでは仕上がりが格段に変わる隠し味なのです。
最後にたっぷりとマンゴーを入れて作られたマンゴーレアチーズの中に、さらに仕上げにはマンゴーピューレを練りこんでいきます。

一台一台すべて、手作業でパティシエがデザインを施していきます。
2013年に開発した当初は、ここまで出荷数が増えることを想定してませんでした。どんなに出荷数が増えても手作業は手作業。時間と手間暇は売上ともに増えていきますが、出荷数に比例してパティシエの作業スピードが上がるという素晴らしい結果に、ただただ関心するばかりです。

機械では絶対にできない作業ですので、ひとつひとつ手のぬくもりを感じてお召し上がりいただけると幸いです。

 

中から完熟マンゴーが溢れます。

SNSでも大好評!

関東の百貨店やSWEETSBOX(駅ナカの週替わりスイーツ催事スペース)でもご購入いただけます。

もちろん、ネット通販でもお買い求めいただけます!
マンゴーフロマージュの商品ページはこちら冷凍でご自宅まで届くので、お好きなタイミングで解凍してお召し上がりください。

パッケージは贈り物にもできる花車のかわいい容器に入ってます。

Pocket
LINEで送る