マンゴー フィナンシェ

投稿日: カテゴリー: 商品について
Pocket
LINEで送る

こんにちは!おきぽたショップ編集部です。

当店の代表作はプリン・ス・マンゴーやマンゴーフロマージュのような生菓子を想像される方も多いと思いますが、実は焼き菓子も多数あるんです!

焼き菓子の中で人気No.1のマンゴーフィナンシェ!

よく、お客様から「フィナンシェって何ですか?」と聞かれることがあります。

「フィナンシェ」とは・・・
・フランス発祥の焼菓子
・フランス語で「金融資本家・お金持ち」という意味

これが2点がフィナンシェという名前の大きな由来のようです。
そんな背景もあり、お菓子屋さんでよく見かけるフィナンシェの形は、金塊に似た台形のものが多いですね。

材料に粉末のアーモンド、焦がしバターが使われており、バターの風味が強いのも特徴です。

おきぽたショップにもフィナンシェがありますが、マンゴースイーツ専門店ですので、マンゴーの風味が香るフィナンシェになっています

私たちのフィナンシェも、創業当初の頃は金塊形の抜型で作っていました。


創業当初のフィナンシェ

通常、焦がしバターを使うフィナンシェですが、当店ではマンゴーの風味を生かす為に焦がしバターは使用しておりません。

代わりに使っているのが、太白胡麻油です。

圧搾で搾ることにこだわり続けて290年の竹本製菓さんの太白ごま油を使用しています。

「ごま油を使用しています」とお客様へ説明すると、

「じゃあ、ごまの香りがするの?」と聞かれるケースが多いのですが、
ごまの香りはしません。マンゴーの香りがします(笑)

一般的なごま油というのは、胡麻を炒って風味をつかた状態から搾汁されますが、太白ごま油は生のごまを炒らずにそのまま搾汁しています。

無味無臭なうえに強い熱を加えても参加しにくく、乳製品を多く使う洋菓子には最適のオイルのひとつなのです。

マンゴーの香りを壊すこともないですし、しかもバターに比べても低カロリーでヘルシーな仕上がりになります。

ごま油とお菓子の相性については、竹本製菓さんのマルホン胡麻油のページで詳しく説明されていますのでご参考ください。

サラダ油を使えば確かにもっと安くでご提供することができるかもしれませんが、長期保管しても酸化しない点や、より安心安全な商品を作ることを優先して当店では太白胡麻油を使用しています。

そしてお菓子の形も創業当時の小判型から可愛らしい花型に変えました。

ありがたいことに、この形に切り替えてから商品価値がぐ~んと高くなりました!

いくつ作ってもすぐになくなってしまいます。

想像以上にふわふわでマンゴーの香りがふわぁ~っと広がる美味しいお菓子としての人気になり、「お土産にしたいので箱はありませんか?」というご要望が増えてきました。

そこで作りました!
フィナンシェが5個ぴったり入ってお値段1000円(税別)という買いやすい価格に設定。
マンゴーフィナンシェ,ギフト,名護,スイーツ,おきぽたショップ

手土産やお祝い返しなどにもちょうどいいサイズとなっています。

マンゴーの香り広がるふわふわフィナンシェ、是非一度食べてみて下さい!

Pocket
LINEで送る